アノ茅野土偶展 -次々回展覧会-

会期:2019年 8月3日(土)- 31日(土)
12:00-17:00
水・木曜休み
入場無料 

























国宝土偶二点が出土した縄文のメッカ“茅野”におきまして、わりと“最近”の土偶を展示いたします。方法論や解釈は違うけれど、今の私たちは縄文の土偶を見てこう思ったよということを込めてつくられた、これからの四千年をゆうに超えていきそうな土偶たちを発掘しにいらしてください。会期中には、夏休み土偶作りワークショップもあります。






【参加作家】






山内崇嗣
1975年、石川県金沢市生まれ東京都在住。1998武蔵野美術大学油絵学科卒業卒業。愛知県美術館や、東京オペラシティアートギャラリーなど、美術のギャラリーや美術館で展覧会をおこなう。20世紀以降の美術や科学の発想や技術を活かした制作を行っていますが、郷土や昔の文化や活動も尊重しています。http://omolo.com





*     *     *








池上幸恵
茅野市生まれ上田市在住。土偶が欲しい気持ちが一線を超え、庭の土をこねて焼いたら思いのほか作れたのがうれしくて、自由研究の延長みたいな気持ちで作っています。土偶と縄文については知らないことだらけです。教えてください。



*     *     *










カルパ
長野県茅野市に実店舗のある長野県産小麦と自家培養酵母のぱん屋です。 農家から直接仕入れた無農薬小麦を自家製粉し、すべてのパンに配合しています。 小麦も畑から産まれる農産物と捉え、一粒一粒の個性を大切に蓼科地方の冷涼な気候の中、ゆるやか〜にパンを焼いています。 粉・水・塩・酵母のシンプルな原材料に、今まで体験したスケートボード、ハイキング、オーガニックのカルチャーからもらえた喜びや楽しさ自由さを練りこんで、心も身体も自由に元気になるようなパンを目指しています。


*     *     *








大熊賢太
1981年生まれ。わーくはうすすてっぷ(群馬県前橋市)所属。自分にしかつくれない、自分の世界観でオリジナル作品として、生物やキャラクターなどを造っていく。いろいろな人に観てもらうことが楽しみ。気に入ってもらえたらと思って作品をつくっています。イメージを膨らまして作品に思いを込めて、世界に一つしかない作品となっています。土偶っぽい絵を展示します。



*     *     *









栗原 勝之 くりはらかつゆき
1970年生まれ。たてしなホーム工芸班に所属。細かい作業をするのが得意で主に粘土で人形を製作したり、絵を描いています。本展では土器のような陶器を出品します。



*     *     *








松中 信子  まつなかのぶこ
1944年生まれ。たてしなホーム所属。編み物や縫物など主に手芸を得意とする。陶芸作品も対象の特徴を捉えてうまく表現している。頑固な性格でもありますが、なかなか根気強く最後まで諦めずに、日々作品作りに取り組んでいます。本展ではどこかで見たことがあるようなないような土偶のようなそうじゃないような作品を出品します。



*     *     *






ひまわり作業所
茅野市にある就労継続支援B型事業所。クッキー、革、布、木工製品をつくったり内職作業をしています。なかでも土偶クッキーは人気商品。どんぐり粉や良質な材料を使って、丁寧に作られています。土偶クッキー、どんぐりクッキー、えごまクッキー等を販売いたします。



*     *     *



縄文女子カフェ
縄文時代に興味のある女子が月一回、茅野市内でどんぐりコーヒーを飲みながら縄文の話をしています。土器づくりワークショップをしたり、映像を見ながら専門的な話もします。本展ではどんぐりコーヒーの提供をしてくれます(日数限定)。



*     *     *



鵜飼幸雄
尖石縄文考古館長を12年勤め、現在は嘱託として発掘に携わっている。専門は八ヶ岳山麓の縄文文化。著書に『縄文ビーナスの誕生 棚畑遺跡』。8月3日のトークショーでお話しいただきます。




*     *     *




【会期中に開催するワークショップ】 ワークショップご予約受付フォームはこちらです→

<ワークショップ>
〇山内崇嗣さんの土偶作りWS×鵜飼幸雄さんトークショー
山内さんと一緒に土偶を作るワークショップと元・尖石考古館館長の鵜飼幸雄さんによるトーク、さらにはどんぐりコーヒーやどんぐりクッキーをお楽しみいただける縄文スペシャルイベントです。こちらのワークショップでは土以外にも粘土、雲母等の材料をご用意しています。初日のみの参加可。作った土偶はお持ち帰りいただけます。

日時 一目 83() 一組目 10:00~(お昼休み含む)~14:30 二組目14:00~17:00
     (成形の日 一組目と二組目の間に14:00から鵜飼幸雄さんのトークショー)

二日目 8月4() 一組目と二組目、各組とも10:00~18:00
     (焼成の日 一日かけて焼いていきます 雨天延期)
定員 20名・要予約
参加費 2500
持ち物 庭の土、汚れても良い恰好、土偶に練り込みたい成分、ノートや筆記用具





〇池上幸恵さんとつくる土偶ワークショップ
庭の土を使って土偶を作るワークショップです。土が水と混ざって、形になっていく不思議をご体感下さい。成形の日・焼く日どちらかのみのご参加もできます(WSで成形したものを家で焼いたり、家で成形したものを持ってきて「焼き」のみ参加することもできます)。作った作品はお持ち帰りいただけます。

日時 一日目 813() 12:0016:00の間いつでも(成形の日 所要時間90)
二日目 8月20() 12:0016:00の間いつでも(焼成の日 所要時間60)
定員  定員なし・要予約
参加費 1回目1000円・2回目500
持ち物 身の回りにある土、水はけの悪い泥っぽい土





〇カルパの4000年前の製法で作る原始パンワークショップ
茅野のパン屋・カルパと一緒に、4000年前の製法でパン作りをするワークショップです。パン種はビールにもなるとか。成形して野焼きします。ドリンクも付きます。
日時 819() 13:0015:00
定員 12名・要予約
参加費 1500
持ち物 食べ物を扱う時に着る格好



ご予約・お問い合わせ
アノニム・ギャラリー
tel   0266-75-1658
mail  contact@anonym-gallery.com
HP    www.anonym-gallery.com




柴田家の楽しい空間2019 -次回展覧会-

会期:2019年 7月26日(金)- 7月30日(火)
11:00-18:00(本展は通常営業時間と異なります)
入場無料 







昔懐かしい着物を余す所なく現代の洋服や小物に仕立てた母まゆみさんと、
独特の歪みあるステンドグラスをはめこんだ手づくり腕時計を生みだす娘織江さんの親子展です。
昨年大好評を博した柴田家の展示が今年もやってきます。
全国各地でご活躍のお二人によるかわいらしい作品たちをぜひ見にいらしてください。




お問い合わせ連絡先
TEL:090‐9807‐6124(柴田)
MAIL:owl-forest@s4.dion.ne.jp
HP:http://www.froggywatch.jp(織江)






ア・ノ・ニ・ン・ジ・ン・サ・ム・シ・ン・グ・テ・ン -開催中-

会期:2019年 6月28日(金)- 7月23日(火)
12:00-17:00 水・木曜は休み
入場無料 













アノニム・ギャラリー、ninjinsan(ニンジンサン)、音楽喫茶something tender(サムシングテンダー)の三店舗で一緒に展示をします。展示って何、何が並ぶの?と思われることでしょう。わかります。展覧会タイトルが雷のごとく先に決まったのですから。しかしもちろん、タイトルに負けない内容をご用意しています。この展示ではいつも展示する場を提供する側の三店舗の店主が、今回は展示する側となってそれぞれに「作品」的なものを作ります。店主たちが本気で平気で作ったものが並びます。さらに、ninjinsanの倉庫にあるローリング品(*)を大放出!古道具は誰が作ったか分からない美術作品に似ている。アノニム・ギャラリーが不思議な品々であふれる暑い暑い夏の一ヶ月。アノニム史上最大の物量(たぶんきっと)で皆さまのお越しをお待ちしております。さらに、サムテンのカレーがアノニム・ギャラリーで楽しめる「出張サムシングテンダー」もあります!


*ローリングってnani?…アノニム・ギャラリーがやっている「ローリング市場」 のこと。「だれかのごみはだれかの宝」を標語にかかげ、不用品をノンセレクトで受け入れて格安でお届けする市場です。



ア・ノ・ニ・ン・ジ・ン・サ・ム・シ・ン・グ・テ・ン 関連イベント
<出張サムシングテンダー!>
サムシングテンダーのおいしいカレーとおやきがアノニム・ギャラリーで食べられる贅沢な一日。サム店主たちによる在廊&作品解説あり。伝説のアノニムラジオは果たして行われるのか!サムテンはこの7月で7周年!
サムテン在店日:7月7日(日)12:00-17:00




出展者直筆自己紹介

音楽喫茶something tender(業種:カレーと喫茶とたぬきレコード、店舗所在地:松本市大手4‐8‐21 HP→







*     *     *     *     *



ninjinsan(業種:古道具とギャラリー、店舗所在地:諏訪郡下諏訪町 御田町 3190-14)









*     *     *     *     *




アノニム・ギャラリー(業種:ギャラリーと喫茶とローリング市場、店舗所在地:茅野市湖東4278)






















野村洋子・剛 親子展 -終了しました-



会期:2019年 5月31日(金)- 6月25日(火)
12:00-17:00 水・木曜は休み
入場無料 












母は、病気で、体を自由に動かすことができませんが
紙を切って作品をつくります
それは誰に頼まれたわけではありません
私は、母がつくる作品を見て
どんなときでも前向きに生きる姿勢を感じました
今まであまり仲の良い親子関係ではありませんでしたが
いっしょに展示をしたいと思いました
多くの方にご覧いただきたいと思います
                  野村 剛



野村剛プロフィール 

1974年長野県生まれ 
京都造形大学卒業 
2000年から色つき粘土で絵画表現をはじめる





ある日、野村さんが母親の作品を見てほしいと持ってきました。細かい模様の切り紙の張られたゴミ箱の中から小さな切り紙と切り紙の張られた雑貨がたくさん出てきました。「病気だからとかじゃなくて、自分はこれはアートだなと思って」と言いました。このかわいらしい切り紙たちと、これをアートだと思う野村さんの切り口を展示できたらと思います。ぜひご覧ください。



山田衣 春・夏 新作展 -終了しました-

会期:2019年 4月26日(金)- 5月21日(火)
12:00-17:00 水・木曜は休み GWも通常営業となります
入場無料 









毎年ファンの方々が心待ちにしている山田衣さんの展示会。
2019年の新作では、定番のシャツなど布物だけでなく、今年はなんとニット(編み物)もお目見え。
山田衣さんらしい肌触りの気持ち良い素材感と、シンプルながらひとひねり効いたデザインのお洋服が並びます。



山田衣 yamadengoromo
2006年より「山田衣」として活動を始め、大阪・沖縄・長野にて、個展・グループ展を行う。
現在は大阪・北浜のアトリエで制作中。
山田衣HP→

【出張展】吉田智彦写真展 in 本と珈琲コトバヤ ー終了しましたー

会期:2019年2月16日(土)-3月4日(月) 
   
  月火12:00-22:00 土10:00-20:00 日10:00-18:00
 
  臨時休業・営業あります

場所:本と珈琲 コトバヤ(上田市中央4-8-5 MAIL kotobaya.net@gmail.com) →HP
   
入場無料








一昨年にアノニム・ギャラリーで開催した「吉田智彦写真展 一万日連続登山に挑んだ男」の巡回展を長野市と上田市で開催いたします。長野市では昨年に引き続きナノグラフィカさんでお世話になります。上田市は初めてタッグを組ませていただくコトバヤさんです。

アノニム・ギャラリーでも好評を博したこの展覧会は、定年退職した翌日から27年間毎日山に登り続けた東浦奈良男を、写真家でライターの吉田智彦が追いかけたドキュメンタリーです。

1万日連続登山記録達成寸前に他界した東浦奈良男の最後の5年を追った写真と半世紀もの間綴られた日記、さらに映像作品から浮かび上がる、勝手と優しさに満ちた一人の父親の姿をぜひご覧ください。



*    *    *

関連イベント


〇平井正也ライブ「オトヤ、コトバヤ、メロディーヤ」
日時 2019年3月2日(土) 17:30open  18:00start
場所 本と珈琲 コトバヤ (上田市中央4-8-5)
charge 2000円+1ドリンクオーダー
ご予約 kotobaya.net@gmail.com(コトバヤ)



〇吉田智彦写真展トークイベント
アノニム店主が吉田智彦さんに東浦奈良男についてお話を聞きます。
日時 3月3日(日) 15:00-17:00
会場 本と珈琲 コトバヤ
会費 1500円(お茶付)
ご予約 kotobaya.net@gmail.com(コトバヤ)