A文字焼きから43年目の宮坂了作 -終了しました-

2015年9月11日(金)-22日(火・祝)
10:00-18:00/水・木曜(9/16・17)はお休み/入場無料







宮坂了作は高松次郎のアシスタントを経て、
1972年アメリカで「大文字焼き」ならぬ「A文字焼き」を発表。
大地をAの文字に焼き、種をまいて再生させた。
アラン・カプローの賞賛を得て帰国。
地元・諏訪で農業をしながら(種をまきながら)
絵を描き続けている。


宮坂了作略歴
1950年 長野県諏訪市に生まれる
1971年 第1期高松次郎塾にて学ぶ
    高松次郎のアシスタントをする
1972年 カリフォルニア芸術大学留学
    アラン・カプロー、ジョン・バルデッサーリに学ぶ
1973年 クーパー・ユニオン・アートスクール(ニューヨーク)に国内留学 
    日本大学芸術学部中退
1974年 カリフォルニア芸術大学卒業


グループ展
1974年 Qギャラリー(LA)
2008年 松澤宥オマージュ展(安曇野)
2009年 坂口登・宮坂了作二人展
 (銀座ジェイトリップアートギャラリー)


個展
1976~1979年 サトウ画廊4回(銀座)
1985~1987年 村松画廊2回(銀座)
1993年 シロタ画廊(銀座)
2000年 ギャラリー深志(松本)
2001年 チロルの森(塩尻)
2007年 シンワアートミュージアム
    (銀座)
2007年 河西画廊(諏訪)
2011年 くらすわ(諏訪)

2012年 五明荘(茅野)