【出張展】星野郁馬展-生成- at 音楽喫茶 something tender -終了しました-


会期:2020年 1月6日(月)- 2月8日(土) 11:00-18:00

会場:音楽喫茶 something tender (松本市大手4‐8‐21)
   会期中の店休日はサムテンブログ「something tender連絡帳」 にてお知らせします。

企画・主催:アノニム・ギャラリー









松本市・音楽喫茶something tenderにて、第2回目となる出張展をさせていただけることになりました。
2018年にアノニム・ギャラリーで開催した「ムゲン展」で星野作品を見たサムテン・本橋さんが、同心円を描いたドローイングを気に入ってお店に飾ってくださり、ご自身でもぐるぐると同心円のドローイングにチャレンジしたという話を聞いて、今回は星野さんの展示がふさわしいと思いました。
初の個展となる本展では、意識と無意識との揺らぎの中から生成された有機体のような、幾何学のような、レコード盤のようなドローイングと陶芸作品を展示いたします。


作家在廊日 22()終日 同心円ドローイングWSします。



星野郁馬・1990年新潟県生まれ大学時代は数学科で高次元幾何学を専攻。大学院では美術科に転科し、美術教育及び陶芸を学ぶ傍ら、多次元立方体の鋳造作品等を制作。